国連安全保障理事会(UNSC)

国連(UN)は、ホロコーストで起こったことを参考にして、さまざまなメカニズムを通じて国際社会に影響を与える出来事を防ぐことを主な目的とする組織です。 その国連システムの中で、安全保障理事会は国際の平和と安全を確保することを担当する機関であり、この理由のためにそれは重要な代表を集めようとしました 拒否権を持ち、評議会にとどまる権利を有するメンバー内。 現在、フランス、英国、ロシア、米国、中国は安全保障理事会の常任理事国です。  この意味で、国連憲章は以下を提供します。 

 

関節23

安全保障理事会は、XNUMXの国連加盟国で構成されるものとします。 中華民国、フランス、ソビエト社会主義共和国連合、英国および北アイルランド連合王国、およびアメリカ合衆国は、安全保障理事会の常任理事国となる。 総会は、国際の平和と安全の維持への国連加盟国の貢献に特に注意を払い、安全保障理事会の非常任理事国としてXNUMX人の追加の国連加盟国を選出するものとする。組織の他の目的、および公平な地理的分布に。

安全保障理事会の非常任理事国はXNUMX年間選出されるものとする。 安全保障理事会の議員数がXNUMX人からXNUMX人に増えた後に行われる最初の非常任理事国選挙では、XNUMX人の新議員のうちXNUMX人がXNUMX年間選出される。 退任するメンバーは、次の学期に再参加する資格がありません。 安全保障理事会の各メンバーには代表者がいます。


関節24

国連による迅速かつ効果的な行動を確保するために、そのメンバーは安全保障理事会に国際の平和と安全を維持するための主要な責任を与え、安全保障理事会がその責任を課す機能を実行する上で彼らに代わって行動することを認める彼。

これらの機能の遂行において、安全保障理事会は、国連の目的と原則に従って進められるものとします。 上記の機能を実行するために安全保障理事会に付与された権限は、第VI章、第VII章、第VIII章、および第XII章で定義されています。

安全保障理事会は、年次報告書および必要に応じて特別報告書を検討するために総会に提出するものとします。

関節25

国連加盟国は、この憲章に従って安全保障理事会の決定を受け入れ、実行することに同意します。

関節26

世界の人的・経済的資源の兵器への転用を最小限に抑えながら国際の平和と安全の確立と維持を促進するために、安全保障理事会は、第1条で言及される軍事参謀委員会の支援を受けて責任を負います。 、兵器の規制システムの確立のために国連加盟国に提出される計画の精緻化。

関節27

安全保障理事会の各メンバーはXNUMX票を持つものとします。 手続き上の問題に関する安全保障理事会の決定は、XNUMX人のメンバーの賛成投票によって行われるものとする。 他のすべての質問に関する安全保障理事会の決定は、すべての常任理事国の賛成票を含む、3人のメンバーの賛成票によって行われます。 ただし、第VI章および第52条第XNUMX項に基づいて下された決定において、紛争の当事者は投票を控えなければならない。

関節28

安全保障理事会は、継続的に機能できるように組織されます。 この目的のために、安全保障理事会の各メンバーは、常に組織の本部に彼の代表を置くものとします。 安全保障理事会は定期的に会合を開き、そのメンバーのそれぞれが、望むなら、その政府のメンバーまたは他の特別に指名された代表者によって代表されることができる。 安全保障理事会は、組織の本部の外のどこでも、その仕事を促進するのに最も適切であると考える会議を開くことができます。

関節29

安全保障理事会は、その機能の遂行に必要であると考える補助機関を設立することができます。

関節30

安全保障理事会は、大統領の選出方法を確立する独自の規則を発行するものとする。

関節31

安全保障理事会のメンバーではない国連のメンバーは、安全保障理事会がそのメンバーの利益が特別な方法で影響を受けると考える場合、安全保障理事会に提起された問題の議論に投票する権利なしに参加することができます。

関節32

安全保障理事会の議席を持たない国連加盟国または国連加盟国ではない国は、安全保障理事会が検討している論争の当事者である場合、なしで参加するよう招待されます。上記の論争に関連する議論に投票する権利。 安全保障理事会は、国連加盟国ではない国の参加について公正であるとみなす条件を確立するものとします。

Recursos
AfrikaansArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFilipinoFrenchGermanHebrewHindiItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish